大東建、国内シェアオフィス事業に参入 シンガポール社と合弁

2019/11/28 12:00
保存
共有
印刷
その他

大東建託(1878)は28日、シンガポールのシェアオフィス大手ジャストコと合弁会社を設立し、2020年上半期に国内でシェアオフィス事業に参入すると発表した。成長を見込むシェアオフィス市場の取り込みを狙う。東京でシェアオフィスを当初2年間で最大9施設開設する計画だ。合弁会社には大東建が51%、ジャストコが49%を出資し、12月に設立を予定する。

あわせて大東建はジャストコに5000万米ドル(約55億円)を出資する。出資は12月を予定している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]