/

この記事は会員限定です

富士通株安が映す慎重なIT投資 過度な期待が剥落

[有料会員限定]

28日午前の東京株式市場で富士通が一時、前日比1365円(10.0%)安の1万2255円と急落した。27日発表した2020年4~9月期決算(国際会計基準)が市場の期待を下回る内容だったためだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)需要の恩恵を大きく受けていると見られていただけに失望感も強かった。企業のIT(情報技術)投資は強くないのではとの疑念も市場に広がっている。

「市場が思うほど企業はIT投資に積...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン