/

この記事は会員限定です

<東証>大日本住友が14%高 後発薬16社と和解を好感

[有料会員限定]

(10時、コード4506)大日本住友が急反発している。一時は前日比387円(14%)高の3130円まで買われ、約3週間ぶりに年初来高値を更新した。売上高の4割近くを稼ぐ抗精神病薬「ラツーダ」を巡る後発薬メーカーとの特許訴訟について16社と和解したと27日に発表した。16社は2023年2月下旬まで後発薬を販売できないことになり、大日本住友は当面の収益の落ち込みを回避で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン