/

2年債、利付国債で初のマイナス利回り

マイナス0.005%

28日朝方の債券市場で新発2年物国債利回りが直近で取引が成立した26日と比較して0.010%低下(価格は上昇)し、マイナス0.005%と利付国債としては初めてのマイナス利回りとなった。投資家が現在の水準で購入した場合、償還まで持ちきっても損失が発生する。財務省にとっては、金利を受け取って借金することができることになる。

前月末に日銀が追加の金融緩和に踏み切ったことなどを背景に、国債の需給逼迫感が強まっている。財務省が正午締め切りで実施する2年物国債(12月債)入札が需給の引き締まりを示す結果になるとの見方から、先回り買いが先行した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン