2019年1月22日(火)

2年債、利付国債で初のマイナス利回り
マイナス0.005%

2014/11/28付
保存
共有
印刷
その他

28日朝方の債券市場で新発2年物国債利回りが直近で取引が成立した26日と比較して0.010%低下(価格は上昇)し、マイナス0.005%と利付国債としては初めてのマイナス利回りとなった。投資家が現在の水準で購入した場合、償還まで持ちきっても損失が発生する。財務省にとっては、金利を受け取って借金することができることになる。

前月末に日銀が追加の金融緩和に踏み切ったことなどを背景に、国債の需給逼迫感が強まっている。財務省が正午締め切りで実施する2年物国債(12月債)入札が需給の引き締まりを示す結果になるとの見方から、先回り買いが先行した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報