/

シャープ、スマホ関連技術の特許侵害で提訴される オランダ社に

シャープ(6753)のスマートフォン(スマホ)の一部技術が特許を侵害しているとして、オランダの特許管理会社が23日にシャープ本体を米国で提訴したことが、28日分かった。シャープが同日付で近畿財務局に提出した臨時報告書によると、オランダに本拠を置く特許管理会社ノネンド・インベンションズが米で保有するスマホ技術の特許を侵害されたとして5月に米・テキサス州の東部地区連邦地裁にシャープの米子会社を提訴。今回訴状を修正し、シャープ本体を被告に加えたという。シャープによると「訴状がまだ届いておらず、今後提訴の内容を確認する」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン