/

15年度のガバナンス優良企業にブリヂストンなど5社 取締役協が選定

日本取締役協会は28日、企業統治の取り組みを評価する2015年度の「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」でブリヂストン(5108)を大賞に選んだと発表した。同時にコマツ(6301)、HOYA(7741)、りそなホールディングス(8308)、良品計画(7453)の4社を入賞とした。

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤーの選定は今年度が初めて。東証1部上場企業約1900社を対象に、コーポレートガバナンス・コードの導入状況のほか、自己資本利益率(ROE)などの業績評価、過去3年の成長性などを基に選んだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン