2019年5月25日(土)

9月の実質消費支出、前年同月比2.1%減 天候不順受け

2016/10/28 9:59
保存
共有
印刷
その他

総務省が28日発表した9月の家計調査によると、2人以上世帯の消費支出は1世帯あたり26万7119円で、物価変動を除いた実質で前年同月に比べて2.1%減少した。減少は7カ月連続。QUICKがまとめた市場予想は2.7%減だった。台風の上陸や天候不順を背景に食料や衣料品などへの支出が低迷した。

消費支出の内訳(実質)をみると、外食など「食料」が2.0%減、洋服など「被服及び履物」が13.6%減少した。「住居」は昨年にリフォーム需要が旺盛だった反動で16.9%減となった。

高額でぶれが大きい住居と自動車を除いた実質支出は、前年同月に比べて0.6%減少した。勤労者(サラリーマン)世帯の1世帯あたり消費支出は29万6387円と、実質で前年同月比0.3%減少し、5カ月連続で前年実績を下回った。総務省は基調判断を「弱い状況が続いている」とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報