/

5月の小売販売額、前年比0.6%増 判断は据え置き

経済産業省が28日発表した商業動態統計(速報)によると、5月の小売販売額は前年同月比0.6%増の11兆8370億円だった。前年実績を上回るのは7カ月連続。経産省は小売業の基調判断を「横ばい傾向にある」で据え置いた。

業種別では、燃料小売業が13.4%増と伸びが目立った。石油製品の価格上昇が要因。飲食料品小売業は0.8%増。肉類や総菜が好調だった。

一方、自動車小売業は2.8%減だった。普通車や小型車の販売が振るわなかった。織物・衣服・身の回り品小売業は4.1%減少した。5月上旬の天候不順で夏物衣服が伸び悩んだ。

大型小売店の販売額は、百貨店とスーパーの合計で1.4%減の1兆5664億円だった。既存店ベースは2.0%減だった。コンビニエンスストアの販売額は0.1%増の9979億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン