/

東海カ、昭電工から米黒鉛電極メーカーを取得 129億円で

東海カーボンは28日午前、昭和電工から米黒鉛電極メーカーのSGLGEカーボンホールディング(本社米デラウェア州)を取得すると発表した。取得額は129億円。電炉鋼の生産で世界最大の米国市場に本格参入し、事業基盤を固める。

昭電工がSGLGEカーボンの親会社である独SGLGEホールディングを買収するのに際し、米競争当局からSGLGEカーボンの他社への譲渡が条件とされていた。10月2日付で昭電工がSGLGEの株式を取得するのに合わせて同日に契約を締結し、11月上旬に株式取得を完了する予定だ。

2017年12月期連結業績に与える影響は「軽微」としている。18年12月期への影響は17年12月期の決算発表時に公表する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン