/

この記事は会員限定です

<東証>第一三共が9%高 英アストラゼネカと抗がん剤で開発提携

[有料会員限定]

(9時55分、コード4568)第一三共が大幅続伸。一時、前日比830円(9.6%)高の9496円まで上昇し、6月1日以来およそ2カ月ぶりの高値を付けた。27日の取引終了後、開発中の新型抗がん剤について、英製薬大手のアストラゼネカと開発・販売提携したと発表した。アストラゼネカから契約一時金や販売状況などにより対価として最大で60億ドル(6300億円)を受け取るとしており、利益貢献につながるとの見方から買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン