/

8月3~7日の新規設定ファンド

来週(8月3~7日)に予定されている国内公募投資信託の新規設定は2本。フィデリティ投信が6日に「フィデリティ・米国株式ファンド」のEコース(毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジあり)とFコース(毎月決算・予想分配金提示型・為替ヘッジなし)を設定する。米国を中心に世界の将来有望な成長企業や株価が割安な企業の株式に投資する。

同じマザーファンドで年決算回数や為替ヘッジの有無が異なるA~Dコースを2018年5月から運用しており、4ファンドの純資産総額は合計で900億円(7月22日時点)を超える。マザーファンドの組み入れ上位銘柄(5月末時点) にはマイクロソフトやアマゾン・ドット・コム、フェイスブックといった米国のIT(情報技術)大手が並ぶ。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン