/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト FRB、低金利長期化で「米株はむしろ割安」の声も

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比160ドル高の2万8492ドルと約半年ぶりの高値で終えた。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で決まるとみられていた新たな政策指針が「前倒し」で発表され、市場の強気ムードを盛り上げた。当面の利上げが見込まれなくなったことから、米株の割高感への警戒感が払拭されつつある。

「米国債の長短金利差の拡大(スティープ化)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン