/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 米中会談へ悲観と楽観、ハイテク企業の業績懸念も

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比10ドル安の2万6526ドルと3日続落した。週末の米中首脳会談を巡り悲観と楽観が入り交じり、取引を見送る雰囲気が強かった。米株式相場は早期の米利下げ観測などを支えに6月は大幅に上昇したが、年後半に向けては投資家はハイテクなどを中心とする企業業績をにらんで慎重な見方も広がる。

ゴールドマン・サックスは26日付リポートで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン