松井証券社長「新しい時代にあった提携があるはず」

2020/4/27 17:26
保存
共有
印刷
その他

松井証券(8628)の松井道夫社長は27日、SBIホールディングス(8473)と三井住友フィナンシャルグループ(8316)がスマートフォン金融などデジタル分野を軸に包括提携するとの報道について、「単に大きい金融機関と提携して顧客基盤を固めるよりも、新しい時代に合った提携、ネットワークがあるはずだ」と語った。株主総会を経て社長に就任する予定の和里田聡専務取締役が今後業務提携など模索していくという。2020年3月期決算に関してインターネット上で行った記者会見で語った

松井社長は株式売買手数料の無料化について、すでに松井証券の売買代金の約半分は株式委託手数料がゼロの1日信用取引で構成されていることなどを指摘。「無料化は各社もう始まっている」とした上で「各社、新しい収益源を探して暗中模索だ」と述べた。過去に大手金融機関と資本提携した証券会社などを挙げた上で「世の中、単にオールドファッションで解決できるほど簡単な物ではない」と戦略の妥当性に疑問を呈した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]