2019年8月24日(土)

経団連会長、英EU離脱「ナショナリズムや保護主義の台頭懸念」

2016/6/27 16:22
保存
共有
印刷
その他

経団連の榊原定征会長は27日午後の記者会見で、英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まったことを受け「ナショナリズムや保護主義など、グローバル経済とは逆の動きの台頭を懸念している」との認識を示した。榊原会長は「企業の成長にとってグローバル化こそが大前提であり最も重要な要素」とし「(G7議長国として)安倍総理がリーダーシップを取り、こうした動きをしっかりと断ち切っていくことが大事だ」と話した。

足元の急激な円高の進行については、企業の想定為替レートとの乖離(かいり)が進んでいることなどを挙げ「何らかの対応は必要な時期」との認識を示した。また「選挙結果が出ただけで具体的な実態は何も変わっておらず、過剰反応だ」として市場関係者に改めて冷静な対応を求めた。政府・日銀に対しては「市場沈静化のためにも適時適切な対応、メッセージの発信を期待したい」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。