/

首相、国内景気「急速に悪化し極めて厳しい状況」

新型コロナウイルスへの緊急経済対策の裏付けとなる2020年度補正予算案が27日午後、国会で審議入りした。安倍晋三首相は同日午後の衆院本会議で、経済の現状について「新型コロナウイルス感染症により、世界全体で経済活動が縮小し、我が国の景気も急速に悪化しており極めて厳しい状況にある」と指摘。先行きについても「こうした厳しい状況が続くものと見込まれる」との認識を示した。無所属の馬淵澄夫氏に対する答弁。

緊急事態宣言の延長や解除を巡っては「専門家の皆様の提言をいただきながら判断していきたい」と説明した。あわせて、新型コロナは「現在いまだ爆発的な感染拡大には至っていないが、地域への感染拡大が見られており、この戦いは長期戦を覚悟する必要がある」とも語り、「政府としても1日も早く皆さんの不安を解消できるよう、全力を挙げて取り組んでいく」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン