/

この記事は会員限定です

<JQ>免疫生物研がストップ高 「新型肺炎治療に米社の抗HIV薬」で連想

[有料会員限定]

(14時50分、コード4570)試薬や化粧品を開発する免疫生物研が大幅に反発している。後場に入り制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前週末比150円高(21.2%高)の857円まで上昇。その後は同水準で買い気配となった。2019年7月2日以来、約半年ぶりの高い水準となる。米ブルームバーグ通信は26日、「中国の保健当局は、米バイオ医薬品会社アッヴィの抗エイズウイルス(HIV)薬『カレトラ』を新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン