/

日経景気討論会始まる 新型肺炎の影響など議論

日本経済新聞社と日本経済研究センターが主催する景気討論会が27日午後、東京・大手町の日経ホールで始まった。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の世界経済への影響や政府が2019年12月にまとめた大型経済対策の効果、米中対立や中東情勢への警戒がくすぶるなかで世界株価の先行きなどを議論する。

出席者は安永竜夫・三井物産社長、中川順子・野村アセットマネジメント社長、神山一成・日本銀行調査統計局長、岩田一政・日本経済研究センター理事長。司会は井口哲也・日本経済新聞社東京本社編集局長。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン