9/28 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: キオクシア、上場延期へ 米のファーウェイ規制影響[有料会員限定]
  2. 2位: 大還元後のマクセルHD、ROE改善のカギは回転率[有料会員限定]
  3. 3位: まぐまぐ、サブスクで上場 脱メルマガ広告で再建[有料会員限定]
  4. 4位: 確定拠出年金のコロナ耐久力[有料会員限定]
  5. 5位: 市場で浮上する「民主党完勝」への期待(NY特急便)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

業績ニュース

中外薬の1~6月期、純利益48%増 血友病治療薬が好調

2020/7/27 16:38
保存
共有
印刷
その他

中外製薬(4519)が27日発表した2020年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比48%増の1022億円だった。自社開発の血友病治療薬「ヘムライブラ」が国内外で好調だった。

売上高にあたる売上収益は15%増の3681億円、営業利益は48%増の1406億円だった。ヘムライブラは国内向け売り上げが79%増と大きく伸びた。前期まで親会社のスイス製薬大手ロシュ向けに通常より安い価格で輸出していたが、今期から通常価格での出荷になったためロシュ向けの輸出も増えた。

新型コロナウイルス感染症の治療薬として有望視される関節リウマチ治療薬「アクテムラ」の臨床試験(治験)用を含むロシュ向けの輸出も伸びた。

20年12月期(今期)の業績見通しは据え置いた。売上収益は前期比8%増の7400億円、無形資産の償却費などを含まない「コア営業利益」は22%増の2750億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム