/

この記事は会員限定です

ブランジスタ、ベール脱いだ「神の手」 週明けの急落回避か

[有料会員限定]

「神の手」がついにベールを脱いだ。新興市場で売買を集めて乱高下していたブランジスタが27日、スマートフォン(スマホ)ゲーム「神の手」の詳細を発表した。秋元康氏がプロデュースするというゲームの触れ込みで思惑的な売買を巻き込み株価は「神の手」発表前から7カ月で30倍となった。一方、足元では急速な利益確定売りが続き株価は2週間で7割下げた。市場が予想していたAKB起用でひとまず安心感が広がりそうだが、株式市場の要求...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン