/

タカタ、エアバッグ問題でカナダで集団訴訟 「2288億円賠償を」

タカタ(7312)は27日、同社が製造したエアバッグの欠陥問題を巡り、同社と米国子会社2社がカナダの消費者から3件の集団訴訟を提起されたと発表した。米国子会社2社はそれぞれ訴状の伝達を受け取っているという。

訴えたのはオンタリオ州でタカタ製エアバッグを搭載した車両を保有する消費者やリコール(回収・無償修理)の対象車両を保有する消費者らで、損害賠償を求める集団訴訟をオンタリオ州の裁判所に起こした。訴状によると原告側は一般的賠償及び懲罰的賠償として合計で約2288億円を請求している。

タカタ製エアバッグに関しては米国やカナダで複数の集団訴訟が起こされているが、「損害賠償請求額が明らかになったのは今回が初めて」(同社)という。

タカタ側は請求金額について「あくまでも原告らが現時点で請求している金額であり、実際に支払われることが決定されたものではない」としたうえで、「現時点で訴訟等による金額的な影響を合理的に想定することは困難」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン