/

首相、TPP「再交渉に応じる考えは全くない」 衆院本会議

安倍晋三首相は27日午後の衆院本会議で、環太平洋経済連携協定(TPP)について「仮に米国から求められても再交渉には応じる考えは全くない」と強調した。「参加各国とも再交渉はあり得ないという認識で一致している」と説明した。

政府は今国会でのTPP承認案の成立を目指している。首相は「(承認されれば)再交渉はしないという、立法府も含めた我が国の意思が明確に示される。早期発効に弾みを与えることができる」との見方を示した。

民進党の大串博志政調会長の代表質問に答えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン