/

<米国>JDドットコムが続伸 組織再編で経営体制の立て直し期待

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時30分、コード@JD/U)27日の米株式市場で中国ネット通販2位の京東集団(JDドットコム)の米預託証券(ADR)が続伸している。一時は前日比4.5%高の22.06ドルを付けた。中核であるネット通販のJDモールを3部門に分割すると27日に伝わった。組織再編で事業強化が見込めるとの思惑を誘った。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがJDドットコム社内の書類をもとに報じた。顧客サービス、ビジネスサポート、インフラやリスク管理を担当する3部門に分割するという。

創業者で最高経営責任者(CEO)の劉強東氏が8月、女性への性的暴行の容疑で米当局に拘束された。不起訴が決まったと今月伝わったが、劉氏は議決権の8割を握り強大な権限を持つだけに、経営への影響が懸念されていた。組織再編の具体的な効果は読めないが、不祥事で揺らいだ経営体制の立て直しにつながるとの期待を生んだようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン