/

首相、金融政策「具体的な手法は日銀に委ねるべき」 衆院本会議

安倍晋三首相は27日午後の衆院本会議で、日銀が長短金利を政策運営上の目標にしたことについて「2%の物価安定目標を早期に達成するため」との見方を示した。

金融政策については「具体的な手法は日銀に委ねられるべきだ」とした。

日銀のマイナス金利政策を批判した民進党の野田佳彦幹事長の代表質問への答弁。首相は「政府と日銀は緊密に連携しながら、2%の物価安定目標に向かって、デフレ脱却と力強い成長をしていく」とも述べた。

野田氏が「もう限界だ」と批判したアベノミクスについては「もはやデフレではないという状況をつくることができた」と反論。「特に国民生活にとって最も大切な雇用の問題は大きく改善した」などと強調した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン