/

東芝CFO「銀行に支援仰ぎたい」 米原発損失

東芝(6502)は27日夕、米国の原子力発電事業で減損損失が発生する可能性がある件について記者会見を開いた。財務悪化の懸念が高まったことについて、平田政善・最高財務責任者(CFO)は「可及的速やかに資金繰りの見込みを確定させる。銀行に(状況を)説明して支援を仰ぎたい」と述べた。原発の建設を巡る追加費用については「コストが思っていたよりも増えることになれば、将来的に想定以上の支払いが出てくることになる」と説明した。原発関連プロジェクトの引当金が増える可能性も示唆した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン