/

日経平均が一時500円安 新型コロナ、五輪延期の警戒も

一時500円超下げ、2万1800円台で推移する日経平均株価(27日、東京都中央区)

27日午後の東京株式市場で、日経平均株価の下げ幅は一時500円を超え、2万1900円近辺まで下落した。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感に加え、ロイター通信は「新型コロナウイルスの世界的な流行などで危機的状況に陥った場合、東京五輪は中止または延期すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)委員のディック・パウンド氏が語った」と報じた。東京五輪の延期が日本経済を下押しするとの思惑が浮上し、海外投資家による株価指数先物への売りを促した。

下げ幅が拡大している背景には、オプション取引の影響もある。日経平均が節目の2万2000円を下回ったことで、「プット・オプション(売る権利)を売り持ちした投資家が損失限定目的で先物売りを出し、相場の下落に拍車を掛けた」(国内証券トレーダー)との声も出ていた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン