/

衆院解散、総選挙へ 10月10日公示-22日投開票

衆院は28日正午に開いた本会議で解散された。政府は解散後に開く臨時閣議で衆院選の日程を「10月10日公示―22日投開票」に決める。衆院解散は2014年12月以来、ほぼ3年ぶり。民進党の前原誠司代表は小池百合子東京都知事が立ち上げた新党「希望の党」との事実上の合流を進めている。野党再編が選挙戦を大きく左右しそうだ。

衆議院が解散され、一礼する安倍首相(28日午後、衆院本会議場)

安倍晋三首相は解散の理由を消費増税の使い道の一部を国の借金返済から教育投資に変更するためと説明している。野党は国会審議を避けた形となった臨時国会の冒頭での解散を首相が学校法人「森友学園」「加計学園」問題の追及を隠蔽するためではないか、などと批判。民進党などは衆院本会議を欠席した。

臨時閣議前に記者の質問に答える安倍首相(28日午前、首相官邸)

民進党の前原氏は午後に開く両院議員総会で希望の党への合流構想を説明し、理解を求める。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン