/

この記事は会員限定です

<東証>東亜合成がストップ高買い気配 セルロースナノファイバーのコスト低下で

[有料会員限定]

(13時25分、コード4045)東亜合成が続伸している。制限値幅の上限(ストップ高)である前日比300円(24.9%)高の1504円まで上昇し、同水準で買い気配となっている。日本経済新聞電子版が26日午後、東亜合成が植物由来の次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の価格を従来の2割に抑える技術を開発したと報じた。業績拡大への期待から同日に3%高まで買われ、2日目も引き続き投資家の注目を集めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン