/

この記事は会員限定です

<東証>任天堂が軟調 新タイトル発表も「大型作品ない」の声

[有料会員限定]

(12時30分、コード7974)任天堂が朝高後、軟調だ。朝に前日比450円(0.8%)高の5万7980円を付けた後、450円(0.8%)安の5万7080円まで売られる場面があった。26日のインターネット番組で、ゲームソフトの新タイトルを発表した。朝方は材料視した買いが先行したが、「大型タイトルの発表がなかった」(エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリスト)との声もあり、次第に売りが優勢になった。

家庭用ゲ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン