/

この記事は会員限定です

株、需給主導の上昇は一時的か 再び水差した米中対立

[有料会員限定]

27日午前の日経平均株価は前日比31円高の2万1843円と続伸したが、上値の重さが強く意識される展開だった。前日の米ダウ工業株30種平均は354ドル高と急伸し、東京市場でも12日以来の2万2000円台回復との機運は広がっていたが、ふたを開けてみると寄り付き直後の2万1968円から失速。きっかけはトランプ米大統領の発言を受けた、米中の貿易摩擦問題の先鋭化に対する懸念だ。ここ数日は戻りを試す展開だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン