/

首脳宣言、為替「過度な変動や無秩序な動きは経済・金融に悪影響」

主要7カ国(G7)による主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は27日午前に採択した首脳宣言で、為替相場について「過度の変動や無秩序な動きは経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることを再確認する」と表明した。過去のG20声明などを踏襲した。

財政・金融政策は為替レートを目標にしないこと、通貨の競争的な切り下げを回避することも再確認した。仙台市で開いたG7財務相・中央銀行総裁会議で確認したコミットメントを首脳宣言にも明記した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン