/

大和証券、都内3店舗を統合 3営業所の新設も

大和証券グループ本社(8601)傘下の大和証券は27日、都内の3店舗を統合するとともに支店より規模の小さい3つの営業所を開設すると発表した。全国の店舗網は162店舗と従来と同数を維持する。

商圏の重なる近隣店舗を統廃合して不動産費用などのコストを抑える一方、営業所の拡充によりエリア・マーケティングの強化を図る。

統合する店舗は池袋西口支店と新宿センタービル支店、日比谷支店。日比谷支店は本店に、池袋西口支店は池袋支店に、新宿センタービル支店は新宿支店にそれぞれ統合する。統合は10月中に順次進める。新設する営業所は西宮支店の宝塚営業所などで8月以降の開設を予定している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン