/

日経平均、下げ幅一時100円超す 円高進行など重荷

27日前場の東京株式市場で日経平均株価は一時、前日比の下げ幅が100円を超え、2万6400円台前半を付ける場面があった。高値警戒感からの利益確定売りや、円高・ドル安進行を嫌気した売りが出ている。「最近の上昇ピッチが急だったため、休日前にいったん持ち高を落とす動きも出ているようだ」(国内証券)という。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン