/

大塚家具前期、税引き益24%減に上方修正 広告費削減やセール奏功

大塚家具は27日、2015年12月期の単独税引き利益が前の期比24%減の3億5900万円になったと発表した。従来予想は9000万円だった。広告費の削減効果に加え、品ぞろえの一新を狙い昨年11月から開催した「全館全品売りつくし」のセールが好調だった。

売上高は同5%増の580億円だった。従来予想は568億円。営業損益は4億3700万円の黒字(前の期は4億200万円の赤字)。セールによって粗利益率は低下したものの、増収効果で補った。従来予想は1億1000万円の黒字だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン