/

仮想通貨とブロックチェーンの普及推進へ 業界団体が提携

仮想通貨の業界団体である日本仮想通貨ビジネス協会(東京・千代田)と仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)の関連企業で構成するブロックチェーン推進協会(BCCC、東京・品川)は27日、連携体制を構築すると発表した。仮想通貨の不正流出事件などを背景に同分野への社会的関心が低下するなか、技術面での情報共有を進めて普及と発展を目指す。

具体的には両協会が開くセキュリティーや金融分野の研究部会に相互参加するほか、広報活動で知見を共有する。来年には啓発に向けた大規模なイベントの開催も検討する。

日本仮想通貨ビジネス協会の奥山泰全会長は同日午後に開いた記者会見で「来年は仕切り直しの1年になる。仮想通貨がただのマネーゲームではなく、実用に根ざしたマーケットにしていきたい」と述べた。BCCCの平野洋一郎代表理事は「仮想通貨とブロックチェーンは切り離せない。相互に協力して社会に貢献していきたい」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン