曙ブレーキ、債務免除で今期中に560億円の特別利益を計上

2019/9/27 14:30
保存
共有
印刷
その他

経営再建中の曙ブレーキ工業(7238)は27日、取引先の金融機関から総額560億円の債務免除を受け、今期(2020年3月期)中に特別利益を計上すると発表した。同日開催の臨時株主総会において、債務免除の条件となっていた優先株の発行などの議案が原案通り承認可決されたため。19年7~9月期にブレーキに対する免除額の430億6300万円を、19年10~12月期に海外子会社に対する免除額の合計129億3700万円を計上する。

具体的な業績見込みについては「現在精査中で、確定次第知らせる」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]