/

この記事は会員限定です

<東証>小野薬が大幅反発 「開発中止薬、新型コロナ治療に有望」と伝わる

[有料会員限定]

(11時05分、コード4528)小野薬が大幅反発。一時、前営業日比181円(6.2%)高の3121円まで上昇した。同社が骨粗しょう症薬としての開発を進めながら実用化を中止した「ONO5334」という薬が、新型コロナウイルスの治療に有望とする論文を米国のチームが24日、英科学誌「ネイチャー」で発表したとの一部報道が伝わり、材料視...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン