/

この記事は会員限定です

<東証>JALが4%安 「先行き見通しにくい業界」との声

[有料会員限定]

(12時31分、コード9201)JALが下落している。一時、前日比80円50銭(4.0%)安の1955円50銭を付けた。年初からの下落率は40%を超える。「一部が資本とみなされる劣後ローンの活用を軸に、2000億~3000億円規模の資金調達の検討に入ったことが分かった」と26日、一部通信社が報じた。足元では新型コロナウイルスの感染が欧米を中心に再び拡大をみせており、航空業界への先行き懸念は強く売りが広がっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン