/

任天堂の4~6月、最終赤字245億円 ゲーム機苦戦

通期予想は据え置き

任天堂が27日発表した2016年4~6月期の連結決算は、最終損益が245億円の赤字(前年同期は82億円の黒字)だった。ゲーム機器の販売が減少した。円高で発生した350億円の為替差損も響いた。

売上高は前年同期比31%減の619億円だった。4~6月期の期中平均為替レートが1ドル=108円(前年同期は121円)、1ユーロ=122円(同134円)と外国為替市場で円高が進み、円換算した海外の収益が目減りした。携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売台数が7%減少し、据え置き型ゲーム機「Wii U」も53%落ち込んだ。ソフトウエアの販売は比較的堅調だったが補いきれなかった。営業損益は51億円の赤字(同11億円の黒字)だった。

17年3月期の連結売上高は前期比1%減の5000億円、純利益は2.1倍の350億円を見込み、従来予想のまま据え置いた。同社はスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の周辺機器として「ポケモンGOプラス」を発売する予定。発売時期は従来の7月下旬から9月にずれ込む見通し。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン