/

この記事は会員限定です

原油に異色マネー 米ETF「スマホとCTA」手口に火種

編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

前週に一時、異例のマイナス価格となった米原油先物相場。週末はいったん落ち着いたが、油断は禁物だ。米国の上場投資信託(ETF)を通じて個人投資家と一部の商品投資顧問(CTA)が割高な価格で大量に保有しており、手じまい売りが再び波乱を引き起こす可能性がある。

4月20日、米原油先物の指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物(当時は5月物)が1バレルマイナス37.63ドルを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン