/

日銀総裁、国債の枯渇「ただちに問題が出てくるとは思わない」

日銀の黒田東彦総裁は27日に開かれた参院財政金融委員会で、長期国債の買い入れで近い将来に対象となる国債が枯渇し、量的緩和ができなくなるのではないかとの質問に対し「多額の買い入れを長く続ければいずれは枯渇するかもしれないが、(現時点で)ただちに問題が出てくるとは思わない」と答えた。その理由として、日銀が保有する国債は残高の3分の1程度でまだ多くの国債が市中で保有されていることや、国債買い入れオペ公開市場操作)が活発であることを挙げた。

日本維新の会の藤巻健史氏の質問に答えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン