2018年9月25日(火)

9/25 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: GPIF、リーマン再来なら巨額評価損 危機に備えを[有料会員限定]
  2. 2位: 割安株相場の到来か 10年越しの交代、カギは金利[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、売り優勢で始まる 米中摩擦の長期化を警戒
  4. 4位: 楽天、携帯黒字化1年前倒しも 通信網を安く構築[有料会員限定]
  5. 5位: ロンドン株10時 4日ぶり反落、鉱業株などに利益確定の売り先行

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

どうみる日銀新体制 早大教授の岩村氏に聞く
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2018/2/28 12:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本の景気回復局面は戦後最長に近づくが、物価上昇率は日銀が目標とする2%に遠く及ばない。2019年10月には消費増税が予定され、循環的な景気後退が視野に入る。再任が固まった黒田東彦・日銀総裁にとっては景気への対応が次の最優先課題に浮上する公算が大きい。日銀出身の岩村充・早稲田大学教授は、量的緩和の結果、470兆円あまりに膨らんだ資金供給量(マネタリーベース)が次の景気後退時に足かせになるとみてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム