/

この記事は会員限定です

「マイナス3%」の警鐘 世界貿易、20年で3度目の異変

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

世界貿易の低迷が深刻化してきた。通商覇権を巡る米国と中国の対立は関税の引き上げ合戦に発展。景気後退リスクが高まり、投資家はすくんでいる。

速報性の高い貿易動向データとして知られるオランダ経済政策分析局の「世界貿易モニター」。先週23日発表された最新6月の世界の貿易数量は前月比1.4%減だった。2018年10月に記録した直近ピークからの減少率は3.2%に達した。

2000年以降の約20年間でピークか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン