/

住友生命、出席不十分な社外役員の再任反対 機関投資家行動方針

住友生命保険は27日、金融庁が2月に策定した機関投資家の行動規範「日本版スチュワードシップ・コード」に基づく、具体的な行動方針を発表した。投資先の上場企業で社外取締役取締役会への出席が不十分な場合、原則として再任の議案に反対することなどを盛り込んだ。また、監査役に対するストックオプションの付与については、監査機能を弱める恐れがあるため原則的に反対とする。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン