/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト コロナ感染急拡大、IT企業への逆風に懸念

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩本貴子】26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落した。終値は前週末比650ドル(2.3%)安の2万7685ドルだった。欧米で新型コロナウイルスの感染者数が増え、景気回復が遅れるとの警戒感が強まった。コロナのワクチン開発、普及などにより2020年末から21年にかけて世界的に経済活動が正常化に向かう、との前提が揺らぎ始めている。

ダウ平均の下げ幅は一時、965ドルまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン