/

この記事は会員限定です

コロナ拡大、市場動揺 独SAPが示す「Wの悲劇」

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

26日の欧米株式相場が大幅に下落した。新型コロナウイルス感染の第2波が勢いを増し、企業業績や投資家心理に影を落とし始めた。日本の感染状況は比較的、落ち着いているが楽観はできない。東証マザーズ市場など過熱感の強い銘柄には売り圧力が強まる可能性が高い。

26日はドイツ株式指数(DAX)が前週末比3.7%、米ダウ工業株30種平均が2.3%、米ナスダック総合株価指数が1.6%とそれぞれ下落した。DX(デジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン