/

京セラ、米預託証券の上場を廃止 会計基準はIFRSに

京セラ(6971)は26日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する米預託証券(ADR)の上場を廃止すると発表した。米証券取引委員会(SEC)への登録も廃止。現在ADRを保有する投資家への影響を考慮し6月から9月の間にNYSEに上場廃止を通知し、一定期間経過後に上場廃止となる。上場廃止後も米店頭市場でのADR取引は継続する。

海外投資家が日本国内での市場取引に参加しやすくなったことや、日本の法令や会計基準の改正が進み開示や内部統制に関する海外との差異が解消してきたため。NYSEでの同社ADR取引高は減少傾向にあり、「上場継続の経済的合理性が低下したと判断した」(広報室)。NTT(9432)やパナソニック(6752)など、日本企業によるADRの上場廃止が相次いでいる。

併せて国際会計基準(IFRS)を2019年3月期から適用すると発表した。現在は米国会計基準を採用している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン