今週の世界市場、米株中心に下落 雇用統計次第で一段安も

2019/5/3 16:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本が休場期間に入った4月29日以降の国際金融・資本市場では、米連邦準備理事会(FRB)が利下げに動く可能性は低いとの見方が市場に広がり、米国株を中心に下げが目立った。

FRBは1日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利のフェデラルファンド(FF)金利を据え置いた。その後の記者会見でパウエルFRB議長が足元の低インフレについて「一時的」と指摘したことで、利下げに否定的との見方が広…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]