/

この記事は会員限定です

巨額上場申請のアント、目論見書からみえた出資攻勢

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団傘下の金融会社アント・グループが、他企業への出資攻勢による自らの経済圏拡大に動いている。25日に香港と上海の両市場への上場を申請した際の目論見書によると、7月以降だけで少なくとも15社、計94億元(約1400億円)以上の投資案件があることが分かった。新規株式公開(IPO)で最大300億米ドルに達する可能性がある過去最大規模の調達資金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン