/

楽天、格安スマホのフリーテルを5億円で買収 業界3位に浮上

楽天は26日、格安スマートフォン(スマホ)サービスの「フリーテル」を買収すると発表した。買収額は5億2000万円。主要な格安スマホ事業者を巡るM&A(合併・買収)は今回が初めて。顧客基盤を広げインターネット通販関連事業の拡大を狙う。

プラスワン・マーケティング(東京・港)からフリーテルの格安通信サービス事業を簡易吸収分割方式で買い取る。合併日は11月1日を予定している。スマホの端末を自社で設計・生産する事業はプラスワンに残す。楽天の連結業績に与える影響は軽微という。

MM総研の調査を基にした日本経済新聞の推計によると、今回の買収で楽天系の国内シェアは約12%に上昇。ソフトバンクグループ系の「ワイモバイル」、NTT系の「OCNモバイルワン」に次いで3位に浮上する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン